仏教の貸出は何ですか? クイックガイド

PM asks all to quit drinking for this End of Buddhist Lent
October 8, 2019
The rise of extreme Buddhism: What’s happening and why?
October 8, 2019

仏教の貸出は何ですか? クイックガイド

タイのすべての中夏は、通常7月、仏教のレント、またはヴァッサの始まりです。 正確な日付は、8番目の月の衰える月の最初の日です。

多くの観光客にとって、それは単にアルコールの販売を意味し、彼らは彼らの研究を行っていない場合、バーの閉鎖と休暇のない当事者の数日間を意味することができます。 しかし、予想通り、特にタイなどの仏教国では、人口の95%が仏教であると推定されています。

ワンカオファンサ(Wan Khao Phansa)は、僧侶が修道院や寺院の敷地などの特定の場所に留まる必要がある雨季の3ヶ月の期間の開始です。 ここで彼らは瞑想し、祈り、勉強し、他の若い僧侶たちを教えます。 過去には、僧侶は寺院を離れることさえ許されていませんでしたが、今日、ほとんどの僧侶はこの期間中に旅行を控えています。 あなたはまだ日中にそれらを見るでしょう。

歴史的に、これは僧侶が昆虫を殺害し、農地を害することを避けたかったので、この時間の間に寺院で不動のままにし始めたためです。 どうやら、旅の僧侶がフィールドを通過し、村人や農民の作物を破壊していた。 この風をキャッチした後、仏は害作物を避けるために、害虫を傷つけたり、雨季の間に自分自身を傷つけるために、僧侶たちは、これらの3ヶ月の間に彼らの寺院に残るべきであると決めました。

それは、インドの様々な宗教の初期の僧侶が作物の損傷や害虫を避けるために、雨季に旅行していないの長年の伝統を持っていたように、伝統は、実際に仏に先行している。

多くの人がタイ各地の寺院を訪れ、僧侶に大きなろうそくを提供している。 タイの人々は2つの理由の1つでこれを行います。最初は僧侶が暗闇の後に勉強するためにろうそくを使いました。 第2の理由は、ろうそくを提供することは、その代償として、自分の未来を強さと長寿の明るいものにすると信じているということです。 この間、人々はまた、僧侶に大きな黄色のローブを提供します。

この3ヶ月は、タイの男の子と男性が僧侶として聖任される時期でもあります。 多くの人が僧侶として生きることはないが、彼らは家族の期待を満たすために、このプロセスを経る。

タイの他の多くの休日と同様に、ワンカオパンサではアルコールの提供や販売は行いません。 タイ人の中には、仏教へのコミットメントを示すために、この3ヶ月の期間中に飲み物を完全に諦める人もいます。 他の人はタバコや肉を食べることも控えます。 また、すべての性行為や関係を停止する人もいます。

それにもかかわらず、これは敬虔な仏教徒のための年の非常に特別な時間であり、仏教の国での旅行や過ごす時間はそれを尊重する必要があります。

The Buddhist News

FREE
VIEW