カルマの原因

「寺院だけでなく、ダンマとライフスタイルは同じものです。」
October 2, 2019
バージョン情報
October 2, 2019

カルマの原因

(下記タイ語をご参照ください)

ヴィパッサナの教えの中で,生徒たちにたくさんのカルマを見つけました。 それらの多くはダンマダナ(ダンマの与え)として分かち合う価値がある。

カルマについて話す前に、人間が5つの集合体で構成されていることを再考しましょう。 彼らは1つの物理的な形と他の4つの精神的な形です:Vijñānaは意識、オブジェクトとその構成要素と側面の差別の意識です。 Saājñāは知覚または認知の一部です。 これは、特徴や特徴を把握するように定義することができます。 ヴェーダナは感覚や感覚の部分です。 Saão khāraは、形成されたか、調理された思考や感情を維持する精神的な形成です。 その機能は、コンピュータのデータベースのようなカルマデータストアです。

カルマが私たちの精神データベースに保存されている場合、このカルマのコードは、将来の私たちのカルマの結果を示しています。 マインドは、磁気波に似たエネルギー電流です。 メリットパワーが弱まるたびに、心に蓄積されたカルマの振動力は、私たちのカルマの負債としてカルマの結果を収める遠心力になります。 これは、異なる世界からのカルマの債権者は、場所やレルムに関係なく、彼を傷つけたものを発見することができる理由です。 これは科学的な説明です。

したがって、カルマの債権者は、私たちが亡きカルマを求めることを受け入れておらず、カルマの行動が数千年以上前に起こったとしても、私たちを満たすことができます。 士気のルールが保存されなければならないと教訓を学ばなければならないので、カルマの債権者は私たちを許したが、いくつかの精神的な罰は厳しいカルマで行われなければならない。

ほとんどの人は、彼らが害を受けた誰に自分のカルマ債務を返済脱出したいだろう。 彼らは、再生サイクルを終了するための勤勉な努力を通じて彼らの心を是正するのではなく、彼らのカルマの結果を逃れるための方法やヘルパーを求めようとします。

いくつかのカルマのために、カルマの債権者は、カルマの教員が苦しみを学び、理解するか、カルマの債権者が経験した苦味を味わうことを望みます。 したがって、単純な行為で赦しを求めることは受け入れられません。

一部の人々は、これが自分の病気を治すことができることを期待して瞑想を練習します。 彼らの心は渇望に満ちており、彼らは自分の問題にとても懸念しています。 あなたがサムサラを信じて、カルマの法則を理解するために瞑想を続けるなら、あなたは最終的に他の人があなたのように病気にならない理由を理解するでしょう... なぜ医者は回復を助けることができないのですか? あなたは過去にひどく傷ついた人を考えるかもしれません。 あなたは彼を漠然と覚えているかもしれませんが、あなたはまだ思いやりのあるし、彼の苦しみを感じています。 あなたの優しい心は反抗から思いやりを得るでしょう。 しかし、あなたが他人の痛みを無視すれば、誰もあなたを思いやりのないでしょう。 あなたの間違いを覚えて、調停を実践することによって何をしたかを返済するために忍耐強いとき、あなたの敵はあなたを許し、あなたの健康を台無しにしません。

あなたが病気から逃げるために、または天国を達成するために善行を行う場合、あなたは苦しみの海を渡ることはありません。 一度水の上に頭を置いてもよい。 あなたは、汚れで縛られ、その後、再び海に沈む。

ダンマを十分に知ることができる人は、メリットの結果を渇望することなく、メリットを得るでしょう。 彼はそれを行うために自分自身や他の人々のために善行を行います。 それから美徳の力は大いにエスカレートされます。 ご覧のとおり、求めない人は受け取ります。

あなたが困難に直面している場合は、あなたの間違いを受け入れ、次に進むべきです。 私たちは皆、間違いを犯す。 不当なことは教訓であり,わたしたちは自分自身を教える必要があります。

あなたの現在の経過があなたの人生の最後の間違いだったらいいな ヴィパッサナー瞑想で美徳の練習を続けて、自分を永久に征服し、このサムサラを終わらせてください。

マスター・アチャラバディー・ウォンサコーン

画像の見積もり

あなたは病気から逃げるか、達成するために善行を行う場合

天国、

苦しみの海を越えない

ダンマを十分に知ることができる人は、渇望することなくメリットを作ります

メリットの結果のために。

彼は自分自身や他の人々のために善行を行います

それをやっての酒。

それから美徳の力は大いにエスカレートされます。

ご覧のとおり、求めない人は受け取ります。

翻訳チョティカ・ルジラチュン, ウィチュダ・カイスカエフ

「大東北の国と東西の国と東西の国を語る」

รารารารารารารารารารารการารการกรารรรรรกรารรรรรรรรรารารรรรารารรรรากากกากกากกกกกกกกกกรรรรรรรรรรรรรรรกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกร( 日本語) 京都府/日本語 (日本語) /日本語 (日本語) 大韓の国語を語り、世界を語る、『』の国語を語る、『』の語る、『』の語を語る、『』

ารรารรารกกกกกกกกกกการารรรการารารกรารารารารกรารารารารรรารารารรารกกกกการกกกกกกกกกกกกการรรร&nngggghhhhhhhhhhhhhhhhhhn&nnghhhhhhn&nnghhhhhh&nnghhh&nghhhh&nnghhhhhhhh&&nnnghhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh大韓の国語を語る、日本国語を語る。ちつめんรรรรรากกกกกกกกกกกกกกกากรรรรรากรรรรรรากรกรรรรรรรรรากกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกการรรากกกกกกกกกกกกากกากากากกากรากรารรากรากรรากกรากากกกกากากกากากากากกกากกกกกกกกกากกากากาอากากากากากากากากากกากากากากากกกกกกากกกกกากากกกกากากากากาアイ

大韓語で語る ารรรรรากากกกกกกากกากากากากากากากาากากากากรรรรรรรรรากกากากากากากากากากากากกกกกกากกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกากกアゴ・ナティス

รรรรรกกกกกกกกกกกกกกกกากกากกกากกกากกกกกกกกรรรรรรารารรรรารารารารรากากากกกากกกกกกกกกกกกรรรรรรรกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกรารารารารารารรารารกกกการการการารกรารารารรรรรารารารารรรารการารารารารารารารารารากากาารากากาากากากากากากากากากากากากากากกกกกากากากากากากกากากากากากรากากากกากากกกกกกากกากากากกากรรรรารรากรากรรรรารรารารากากากากากากากากากากกกกกกกกกกกกกกกาาากกกกาากกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกก私服の日

รารากรากากากกกากากากากรากรากรากรารากรากรากรากรากรากรากรารากรารารากากากากากกกกกากกากากากากากากากากากากากากากากากากากากกกกกากากกกกากากกกกากากากาการารากรากกกกกกกกกกากกากกากกากากากกากากกกกากรากกรารารารารรารารารากากกากกากกกกกกกากกกกากากากากากากากากกากกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกรรรรรากกกกกกกกกกกกกกากากรรรกรากรรรรรกากกากรรรรรรรารรรรารารารารรากกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกก京都府京都市รารากกากกากากากากกากากากากกรารารารารารารากรารารารารารารากากากากากากากากากกากกากากากากากากาากากากากากากากากากากากากากากกกกากากากากากากกกากากากากา大韓語で、大韓語を語る、東西の国語を語る、東西の国語を語る、東西の国語を語る、東西の国語を語る、「カッターとカッターの登場人への追加依頼(日本語) オイ

(日本語)

รรรรรกกกกกกกกกกกกกกกกากกากกากรรรรรกากากากรรรรรรรรรากกกากากกกกกากกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกากากากกกกกกกกกกกกกกกกากากกากรรรรรรรรากรรรรรรรรากรากกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกก

รรรรากกกกกกกกกกกกกกกกากกรรรรรรากรกรรากกกกรรรรรรรารารารารารรารารากกกกกกกกกกกกกกกกกกกกากกากากากากากากกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกกก( 日本語)

[C]: [C]: [C]

(誠に申し訳ないです)

(日本語)『日本語』『日本語』『日本語』

(日本語) TC (日本語)

大韓の国語と国語を語る

Techoblog 6 Techoblog 6

The Buddhist News

FREE
VIEW