仏の発祥の地、ルンビニで腐敗外国通貨で何百万人

宝鶏市、仏教寺院を煉瓦とコンクリートで封印することを命じ
December 29, 2019
内モンゴル、福建省、遼寧省の寺院や景勝地は、CCPの全国的なドライブの中で視野外仏像を隠すことを余儀なくされた。
January 7, 2020

仏の発祥の地、ルンビニで腐敗外国通貨で何百万人

日曜日, 月曜日

ルンビニ開発トラストは、過去6年間に多数の要請があったにもかかわらず、ネパールは巡礼者から寄付されたお金を管理するために何もしなかったと言います。-TKP/ANN

KATHMANDU(ANN):ルンビニのブッダ発祥の地で収集された外貨で何百万ものが、適切なアップキープの欠如から腐敗して残されている。

マヤデヴィ神殿やアショク柱のような様々な神社やモニュメントで150万人以上の観光客の寄付は、外貨で行われます。ルンビニ開発信託は、その対処方法を失っています。

外貨は濡れた条件の下で長年にわたって保管されており、お金は腐敗し始めています。

政府は、信託関係者は、多くの通貨がネパールの中央銀行が交換しないお金国からのものだと言うように、収集された金額を管理するために何もしません。 信託は様々な場所で貢献箱を設定しているにもかかわらず、多くの巡礼者は彫像の前にお金を提供しています。

現在、店舗内にはRs190ミル (RM6.8ミル) の合計が販売されています。

信託は6年前にネパールラストラ銀行と連絡を取り合い、貯蔵金の利用方法を議論しました。

「外国通貨の管理の欠如は、私たちにとってトラブルでした」と、信頼のメンバー秘書であるサロイ・バタライ氏は述べています。

「外国コインは洗われるが、紙の通貨は無視される。」

Bhattaraiは、中央銀行が繰り返し通信にもかかわらず、問題に対処するために注意を払うことはないと述べました。彼は収集された外貨を交換するプロセスが複雑であると付け加えました。したがって、信頼は当面それを保存しています。

「紙の通貨は腐っている。 販売のための通貨のオークションについての交渉がありました,「彼は言いました.

Shakyaは、中央銀行がシンガポールでの交換のためにお金を取ると言ったとポストに語りました。通貨がそこで交換できなかった場合、それらは返されません。

「これは危機にさらに私たちをプッシュしている」とShakyaは言った。

本信託は、巡礼者が提示した提供物から収集された総額を記録します。 全米Rp190milのうち、91.6milはミャンマーから、ベトナムは67.4ミル、インドネシアは25ミルです。

スリランカ、モンゴル、バングラデシュ、ラオス、オマーン、ウガンダ、ブータン、コンゴ、アフガニスタンなどの通貨もあります。 これは紙の通貨です。 Shakyaによると、中央銀行がコインを受け入れることを拒否しているため、コインの合計金額の記録はありません。

信頼関係者は、5年前にネパールラストラ銀行のシッダールタナガル支店とすべての文書に対応していると言ったが、Rajendra Bhattarai、支店のディレクターは、銀行が望む声明を受け取っていないと述べた。

「この種の取引では、シンガポール銀行の外貨両替部門と調整する必要があります」とバタライ氏は述べています。

「通貨が交換の対象でない場合、それらは押収されることがあります。 だから、信託は、それが起こった場合に何をすべきかについての決定を思いつくべきです。」

信託のある職員は、政府が外交チャネルを通過して通貨を交換できると述べた。

「政府は、通貨を管理するのではなく、信託に忠実な政党を任命することについてより懸念している」と公式は匿名性を要求した。

同様に、オム・プラサド・アーヤル、信託の元資金のチーフは、提供物として受け取った通貨の管理の欠如は、完全に政府の欠点です

「私はこの問題に政府の注意を喚起しようとしましたが、すべての努力は無駄でした」と彼は言った。-カトマンズポスト/アジアニュースネットワーク

The Buddhist News

FREE
VIEW