仏教寺院は中国全土で破壊され続けている。

サムイ島の僧侶を身に着けているレイ禁止の好奇心旺盛なケース
January 8, 2020
仏のテーマパークを持つダルムシャラ
January 30, 2020

仏教寺院は中国全土で破壊され続けている。

高齢者のための家を提供するような慈善事業でさえ、免れることはありません。

李光

「これらの政府関係者は、山賊のギャングのようなものです。」

河南の中央省の首都、鄭州の景新寺は、彼女の60年代に地元の仏教から資金提供600万元(約860,000ドル)以上の費用で、2016年に建てられました。 神殿の土地は2012年に3人の村人から40年間賃貸され、村委員会は協定を承認した。 2017年、寺院は無料でそこに住んでいた高齢仏教徒のための老人ホームを運営するためのライセンスを取得しました。

景新寺の元の外観。

2019年10月31日の早朝、「土地を不法に利用する」「無断で宗教活動を行う」ために寺院と老人ホームが解体されました。 目撃者によると、地方政府は仕事のために100人以上の人と掘削機を派遣し、より多くの政府職員が近くの交差点を遮断しました。

官公職員が神殿で交差点を守る。

30人以上の官公職員が内部に侵入したとき,神殿の担当者は文書を要求しました。 返信では、職員の一人が激しく彼女の電話を奪い、彼女が主張し続けたらタオルで彼女を沈黙させると脅した。 女性は強制的に寺院から引きずられ、服が裂かれ、目の1つが負傷した。 4時間後、寺院とそのすべての附属品は、その13の仏像や他の貴重品のすべてを覆う破片は、地面に破砕されました

「CCPは、それが人々に与えた宗教的自由を自慢しているが、実際には故意に仏教寺院を解体する。 彼らは偽善者です」と地元の村人が怒って言った。

「宗教は良い人であり、善行を行うことを私たちに教えています。 政府は正義なことを容認しない」と別の高齢の村人は言った。 「これらの政府関係者は、取り除かなければならない山賊のギャングのようなものです。」

ハラスメントの数ヶ月後に取り壊された寺院

広西荘自治区桂林市の管轄下にある興安県にある仏教福寿寺は、400年以上前に建てられました。 文化革命で破壊され、2016年に再建されました。 人気の寺は40以上の仏像を持っていた。

普請寺の本来の外観。

2019年6月4日、郡の民族宗教局は、承認なしに建てられた「違法な宗教活動場だった」ため、寺院を閉鎖する命令を出しました。 すべての宗教活動は、月の15日までに押収されました。 すべての看板と認識プラークも取り外すように命じられました。

桂林興安郡民宗務局が発行した福寿寺の閉鎖に関するお知らせ。

神殿が閉鎖されてからも、政府は嫌がらせを止めなかった。 6 月 16 日、現地の警察署長を含んで約 70 人の法執行官が寺院を退去した。 皮肉なことに、それらを取り除く前に、役員たちは寺の僧侶を召喚して、鐘を打ち、呪文を唱え、仏教の儀式を行います。

「過去には、山賊は夜に人々を奪った。 今日では、警察の制服の山賊は昼間に略奪し、「寺院の担当者は怒りを隠すことができませんでした。

12 月 12 日、約 100 人の地元公安局と警察官が伏見寺前の交差点に 4 つの検定所を設け、2 人の掘削機が取り込まれて解体されているようになった。

伏照寺は地面に押し入った。

そのことに詳しい資料によると、寺院の担当者は宗教活動会場登録書の申請を繰り返し提出していたが、毎回断られた。

%d bloggers like this:
The Buddhist News

FREE
VIEW