警告! 装飾のために仏のイメージを売買しないでください〜カルマ

BUDDHA'S Imageは、ホテル、バー、スパ、ご自宅の装飾には使用しないでください。
November 25, 2019
「仏陀のイメージを尊視」-仏を装飾として使わないでください。
November 25, 2019

警告! 装飾のために仏のイメージを売買しないでください〜カルマ

マイク・ブルム

スタッフ・ライター

11月25日・4分読み取り

世界中の多くの個人は、自分の家やビジネスを飾る仏のイメージを持っています。 それは十分に無実のように思えるが、装飾として仏を持っていることは、世界中の仏教徒によって不運と悪いカルマと考えられている。

家庭で芸術として使われている仏像

仏像は、仏像が本当に何を表しているかについての理解の欠如のために、非常に一般的に使用されています。 ほとんどの人は仏教は宗教であり、仏像は寺院に属していることを忘れてしまった, ないホテル, バー, スパや人々の家の装飾として.」タイの仏組織を知って言います.

仏を治療するための正しい方法で世界を教育するために、知ることブッダ組織は、タイ、バンコクのチャトチャック市場で昨日行進を開催しました。

「仏のイメージを売って買い、装飾として使用するのをやめる」とマーチャーを叫んだ。

買い物客は、看板を読んで、家庭で装飾のために仏のイメージを使用するために間違っている理由を説明KBOスピーカーに耳を傾けるために停止しました, 庭園, ホテル, バー, レストランやスパで.

「私たちは仏像を買ったり使ったり仏教徒に攻撃的であったり、仏に無礼であったことは知らなかった」と多くの外国人が市場を訪れると述べた。

棚の市場ベンダーは、彫像や装飾として販売のための仏の他の画像で満たされた, 彼らのお店に隠れた, としてほぼ 1000 彼らの店によって渡さマーチャー. 「雰囲気は、間違ったことを暴露し、私たちの英雄仏を保護する市場を通して輝く明るい光のようなものでした」とパット・パタナは知っている仏組織のスポークスマンと述べました。 タイ語だけでなく、タイのベンダーは、主に仏教徒であり、彼らは疑うことを知らない観光客に芸術として仏像や画像を販売することによって間違ってやっている知っている。 今日、私たちは彼らの顔に恥を見ることができました。 また、市場の担当者は、仏がそんなに広く商品化されたことを残念に感じた」パタナは続けた。

以前、知ることブッダ組織は、ワットアルン寺院(夜明けの寺院)で話すように招待されました, 世界中の仏の大規模なマーチャンダイジングについての国際テレビに.

「世界は仏像を使うのは罪と悪いカルマであるという知識に目を覚ましている」と知っている仏組織のメンバーであるスチェワ・サンドゥンは語った。

「世界が教育され、仏教は宗教であり、仏像は私たちの家庭やビジネスに穏やかをもたらすために使用されるべき芸術の一部ではないことを思い出させている」とSangduenは述べています。

ワットアルンの修道院長は、寺院を訪れるときに適切な服装や態度について観光客を教育するために、タイの周りの彼の寺院や他の人との仕事のために知ること仏組織を賞賛しました。 修道院長は、過去に訪問者がショートパンツやタンクトップに到着する方法を嘆きました。また、仏像の前でシャツなしポーズをとった女性もいました。

パットパタナによると、「知っている仏組織は、観光客にどのように動作し、仏を治療する方法を教える看板やパンフレットを通じて、このすべてを変更するのに役立った」、「それはすべての教育についてであり、親切と思いやりを通して、この問題について世界を教えています。 私たちは、ほとんどの外国人は、彼らが仏のイメージで飾ることによって何か間違ったことをしていたことを知らなかったことがわかります。 一度我々は、これが間違っていると悪いカルマを説明する, 人々は自分の過ちを修正する喜んでいる以上」. パタナは言った

ヴィパッサナー瞑想マスター・アチャラヴァディー・ウォンサコンによって設立された知仏組織。 10年前にパリのブッダバーを訪問したAcharavadeeは、ブッダバーがタイの寺院を複製し、お金を稼ぐために仏教の宗教をハイジャックダンスフロアとバーを設置していたことを荒廃しました。 Acharavadeeは敬意と道徳と礼拝のための仏の適切な使用について世界を教育する組織を設定タイに戻った。

「仏像を知る組織」のウェブサイトでは、仏像の使い方やいけないことを説明しています。 組織はまた、個人や商業団体が自分の家や商業施設から仏芸術を適切に削除する方法を学ぶのを助けるために連絡することができます。

「私たちは、仏像の誤用を解決するために、世界中の多くの知名度の高い企業と協力してきました」とサンドゥン氏は述べています。 例の大半は、それが平和と穏やかな表現として仏のイメージを使用し、良い意図を持つアーティストや消費者として無邪気に起こります。

「しかし、これは仏のイメージを崇拝以外のものに使用するのが間違っていることを知った後、これらの人々は本当に自分の間違いを訂正したかった」とパタナは説明した。 その一つはバリ島のリゾートであり、大仏の壁画が石刻されていた。 KBO組織は、所有者に壁画を天使の頭に再彫刻する方法を示しました。 他のケースは、適切かつ丁寧に不要な仏の装飾を処分する方法を学びました。

「尊敬は常識」は、仏を知る組織のモットーです。 知っている仏組織は、彼らの道徳を覚ますし、装飾として彼のイメージを使用して、仏を無礼にしないために、世界中の人々の心をノックしたいと考えています。

尊敬は常識です

The Buddhist News

FREE
VIEW