黄金のヨークと盲目のタートル

黄金のヨークと盲目のタートル

「ある経理では、仏は弟子たちに尋ねます。

「この世界の大きさを広大かつ深い海が存在し、その表面に黄金のヨークが浮かんで、海の底に100万年に一度だけ浮上ブラインドカメが住んでいたと仮定します

「亀はどのくらいの頻度でヨークの真ん中を通って頭を上げるのだろうか?」

アナンダは、確かに、それは非常にまれであるだろうと答えます。

私たちはこの盲目のカメのようなものです。私たちの物理的な目は盲目ではありませんが、私たちの知恵の目はあります。 広大な深海はサムサラの海です。 海の底に残っている盲目のカメは、サムサラの下部のレルムに残っているようなもので、10万年に一度だけ幸運なレルムに表面化しています。

黄金のヨークは仏陀羅馬のようなもので、ある国から別の国に移動する一つの場所にとどまりません。 金は貴重で希少であるように、仏陀羅馬はプレシャスであり、見つけるのは非常に難しいです。 以前の生活のほとんどのために、私たちはサムサラの広大で深い海、下のレルムの底にとどまっています。 人間として生まれるのはたまにしかなく、人間の人生でさえ、仏陀羅馬に会うことは非常にまれです。」

Leave a Reply

%d bloggers like this:
The Buddhist News

FREE
VIEW