「冗談じゃない」COVID-19

「冗談じゃない」COVID-19

COVID-19のこの世界的な危機では、私たちは本当に互いに配慮する必要があります。 能力や専門知識を持っている人は、世界を助けるためにできることは何でもすべきです。

誰もが公衆衛生部門で助けることができます。 特に集まることのできない状況では、今、世界を助けるために参加することは困難です。 しかし、誰もができることは、世界と自分自身のために唱えることです。

これは、ワクチンがこの病気を治す唯一の方法だと考える人にとって冗談かもしれません。 実際、唱えの主なポイントは、純粋な良いエネルギーを世界に送ることです。 このエネルギーは、世界をカバーしている闇の力を減らし、国と世界の保護力を作り出します。

チャントは、願いを出すように心を設定するようなものです。

人々が心の力を信じていないなら、なぜ彼らは願いをするのでしょうか?

唱えの意味は?

唱えることは、心をさまようさせないで、チャンツの言葉に集中するように心を設定することです。 それは瞑想を練習する一つの方法です。これは、同時に1つのアクションではなく、多くのものに心を集中させることを意味します。 パリ語の言葉で唱えながら、トリプルジェムの力はチャンターとつながります。 誰かのために、あるいは何らかの目的のために祈るように心を設定すれば、祈りの力はその人に向かうでしょう。 唱えの成功は、チャンターの心の純度に依存します。 彼の心が高く浄化されていれば、彼に対してキレサが来ないので、彼の唱えは大きな結果をもたらすでしょう。

不純物やキレサは、貪欲、怒りと錯覚を意味します。 これらは不純なエネルギーであり、チャンターや私たちが心に祈るよう支えるためのポジティブな力やメリットを遮断します。 あまり精製された心で、結果も少なくなります。 しかし、人生に不純物や罪を加える以外は何もしないよりも優れています。

したがって、唱えることは確かに冗談ではなく、絶対にやるべきことです。

この世界はエネルギーの流れです。 心はまた、非常に強力なエネルギーです。

チャントは、悪いと負のエネルギーを和らげるためにマインドエネルギーを使用することです。

その結果、チャンターは彼らの生活をサポートするために良い濃度、マインドフルネス、良い力を持つことになります。 彼らはさらに善行を行うことを実現するでしょう。 彼らの曇った心はクリアされ、不幸はなくなり、正しい決定が得られます。 この良い力がそれらを保護するので、起ころうとしている悪いことは起こりません。

より多くの人々が唱えると、より精製されたエネルギーが世界に放出されます。 その後、世界を治すためのワクチンの迅速な発見など、良いことが起こります。 これは、悪いエネルギーが干渉しないとき、研究者の心がより明確になるためです。 彼らはまだ見つけていないもののために、彼らは最終的に彼らの心を曇らせる悪くて暗いエネルギーを根絶する良い力のためにそれを見つけるでしょう。

14日間自ら隔離する人や、世界を助けたいが何をすべきか分からない人は、唱えることを考えてください。 毎日唱えることができればとても良いでしょう。 聖歌は、すべての良いですラタナスッタまたはチャイナバンチョーンガタのいずれかすることができます。 瞑想を練習すれば、さらに良いでしょう。 瞑想の力は、瞑想中にあなたの心は誰にも害を及ぼさない功労心であるため、あなた自身と世界にとって良い力になります。 邪悪な思考から解放された心は、あなた自身のために功労力になるでしょう。

この危機の間、心が心配で失われるのではなく、仏教で最高のメリット、つまり瞑想をする機会を与える方がよいでしょう。 しかし、あなたがまだそのステップの準備ができていない場合は、純粋に戒律を保存することから始めて、罪を犯すのを止め、自分自身と世界に良い力を受け取り、送ることを唱えます。

マスター・アチャラバディー・ウォンサコーン

東京オリンピック・パラリンピック

翻訳:ウィスワット・サッタコーン、キティトゥッチ・タヴィチャイユト

Leave a Reply

The Buddhist News

FREE
VIEW